URLの正規化を図る方法2種類を詳細に解説

 

URL NOAMARIZATION

この記事では、URLの正規化をはかることで検索結果で上位に表示されるよう、2つのURL正規化について詳しく解説していきます。

まず最初は、URLの正規化ってなに?そしてURLの正規化が必要な理由を解説した後に、Canonicalタグ設定方法と301リダイレクトの方法について詳しく解説していきます。

URLの正規化とは?

URLの正規化とは、似たような内容のページが複数存在したり、重複した内容のページが複数存在する場合に、検索エンジンから悪い評価を受けてしまうのを避けるために必要なこととなります。

URLの正規化が必要な理由

  1. 検索順位の評価を集めるため
  2. クローラーにサイトを認識してもらいやすくするため
  3. トラッキング分析に余計な時間をさかない

検索順位の評価を集めるため

検索エンジンは、クローラーしながらURLごとにページを評価していきます。

ですから、内容が似たようなページ、あるいはほぼ重複したページでも、URLが異なると別のページと判断します。

その結果、検索エンジンの評価が分散してしまったり、最悪の場合は重複したページを既に存在しているサイトの偽物と判断し、ペナルティーを課す場合があります。

クローラーにサイトを認識してもらいやすくするため

URLの正規化をはかることにより、不用意なページをクロールする事を避ける事が可能となります。

トラッキング分析に余計な手間と時間をかけない

似たようなページや、重複したページが存在すると、データの抽出量が増加してしまう結果、トラッキングの分析結果にも悪影響がでてしまいます。

URLの正規化が必要な例

それでは、ここで実際にどんな場合にURLの正規化が必要か見ていきましょう。

  • www.あり・なし
  • index.htmlあり・なし
  • SSL化あり・なし
  • パラメーターあり・なし

www.あり・なし

まず最初に疑問に思うのは、www.ありとなしとではどちらがSEOにとって良いの?と言うことではないでしょうか?

これは、いずれのURLでも問題は無いと言われています。

ですが、どちらかに統一する必要があります。

index.htmlあり・なし

index.htmlとは、URLの末尾に「index.html」「/(スラッシュ」「?(くえっしょんマーク)」などがあるかないか?

こちらも全て同じ様に統一する必要があり、できれば末尾には「index.html」「/(スラッシュ」「?(くえっしょんマーク)」がつかない方で統一することをおススメします。

悪い例:https://○○○.com/lp-mail.html

良い例:https://○○○.com/lp-mail/

SSL化あり・なし

「 https://」または「 http://」でも別サイトと判断されてしまいます。たった一文字「s」ですが、
Googleも常時SSL化を推奨しています。

常時SSL化の設定方法は、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参照してください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
常時SSL化の実施方法をX-ServerとCocoonで詳細に解説

パラメーターあり・なし

URLのパラメーターとは、サーバー側で動くプログラムに情報を送信するためにURLの末尾に付ける変数の事を示しています。

ECサイトで多く使用ていて、ユーザーのサイト内での行動パターンを認識・分析するために使用されています。

悪い例:https://○○○.com/lp-mail/?ad=1234567

良い例:https://○○○.com/lp-mail/

URLの正規化方法、この記事では2つの方法を紹介します。

  1. Canonical タグ設定
  2. 301リダイレクト設定

Canonical タグ設定方法

Cocoonを使った設定方法は、至ってシンプルです。

Step①:ダッシュボートからCocoon設定 → SEOタグをクリック

Step②:Canocial タグの追加をクリック


これで終了です。 本当にこれで大丈夫なの?レベルの簡単さです。

Cocoon公式ページ 投稿・固定ページのcanonicalタグを変更してURLを正規化する方法も参照下さい。

301リダイレクト設定方法

301リダイレクト設定方法については、常時SSL化の実施方法をX-ServerとCocoonで詳細に解説
で詳細を解説していますので、必要な方は、是非こちらを参照してください。

URLの正規化が出来ているかの確認方法

URLの正規化が正しく設定できたかどうかの判断方法は、2つあります。

  1. Google Search Consoleで調べる方法
  2. リダイレクトチェックツールを使用する方法

Google Search Consoleで調べる方法

  1. Google Search Consoleにログインします。
  2. 左メニューからURL検査をクリック
  3. 調べたいURLを入力

url chekck with google console

リダイレクトツールを使用

SEOチェックのためのSEOツール集でリダイレクトチェックをすることができますので、ご活用ください。

まとめ

URLの正規化について解説してきました。

URLの正規化方法は、2つあります。1つはCanonical タグを利用すること。
2つ目は301リダイレクトを利用すること。

URLの正規化は、SEO対策の中の一つの作業となり、検索エンジンからの評価を下げないためにも必要な施策と言えます。

この記事をご覧になり、疑問点や不明な箇所などがありましたら、どうぞご一報ください。

 

SEO対策
  あさこをフォローする                お気軽に声をかけてくださいね!
幸せな老後のために